UBRI

「UBRI」のアイキャッチ画像

Factory Leather Brand UBRI

若手職人とその仲間たちで立ち上げた革ブランド

住吉区・東成区・東大阪・柏原・大和高田(靴下)に拠点を置く複数の工場が連携して1ヵ所に集結した革工場プロジェクトVINCE&COのファクトリーブランド「UBRI」

UBRIは「VINCENT CRAFTED」の男女若手革職人にプロダクトデザイナーとバイヤーを加え新たにチームを結成。若手職人が中心となり仲間たちと立ち上げた工場傘下の革製品のブランドです。複数の工場が関わりレディースプロダクト・新しい革・カタチ・構造への探求、異素材との組み合わせ、他の分野・職人とのコラボなど工場の内外を問わず様々なカテゴリで新しい挑戦を続けています。第一弾は鞄工場の協力のもと革とバリスティックナイロンを組み合わせたプロダクトを展開。「VINCENT CRAFTED」にはない女性をターゲットにした商品も展開予定です。

クラフトマンシップとコンセプト

革・素材を選ぶ。
壊れにくく飽きのこないデザインを考える。
時間と手間を惜しまず丁寧な手仕事をする。

私たちのモノ作りの基本・テーマは変わらず

新しい革・カタチ・構造への探求、異素材との組み合わせ、他の分野・職人とのコラボなど
革工場の内外を問わず様々なカテゴリで「挑戦」を掲げてモノ作りに取り組みます。

UBRIの由来はウブリケにあり

ブランド名のUBRIとは熟練の革職人が集まる聖地ウブリケが由来です。
ウブリケの多くの工房は代々親から子へ子から孫へと高い技術を継承し
不況時も職を変えることなく人口の半分が革職人と言う知る人ぞ知る革職人のメッカ
錚々たるハイブランドがこぞって制作を依頼する老舗工房が集結しています。
ウブリケの職人は自らで職人の価値を守り、町全体が仲間。
そのコミュニティで協力・競争があり技術の向上や絆が生まれます。
それこそが成熟された職人精神なのです。

ウブリケになぞらえ、職人が腕を磨き、技術を受け継ぎ、
時代を読み、人と人が繋がり互いに協力しあう精神。
それこそが私たちが目指す「ジャパニーズクラフトマンシップ」です。

永く使える革製品だからこそ

VINCENT CRAFTEDのDNAを受け継ぎ、永久無料修理保証/初回返品交換保証はUBRIも同じです。使うほど愛着が溢れる革製品だからこそ末永く使って頂きたいと言う思いからご購入頂いたUBRIの商品は一生涯無料で修理させて頂いております。また、何年も使って頂く革製品なので到着後イメージと違った場合は返品・交換をお受けしております。初回のみ送料はこちらで負担させて頂きます。

これがVINCE&COそしてUBRIに携わる職人たちの答えです。
「UBRI」の革製品が対象になります。

試み。革と異素材の組み合わせ

UBRIでは挑戦をテーマに思いついたらとりあえずやってみようという事で今までの革工場の動きではできなかったことを若手職人が中心になって突き進むそんなブランドです。第一弾としてナイロン界のキング「バリスティックナイロン」と栃木レザーを組み合わせた品格と無骨さが重なり合うプロダクトを展開します。

UBRIの解釈 -バリスティックナイロンとは-

バリスティックナイロン(Balistic Nyron)は、アメリカのデュポン社が開発した高強力ナイロン素材
特徴として通常のナイロンよりも遥かに優れた耐久性があり完全防水ではないものの撥水性も高く防塵性もあります。
そもそもバリスティックとは弾道のという意味があり耐久性に優れ摩擦や熱などにも強く、
防護服や軍事用品の素材として実際に使われているという事でも周知されています。
ナイロン素材として世界で最も有名で高機能かつ高品質な素材になります。

UBRIの解釈
生地が厚く編み目も大きく普通のナイロン素材とは明確にすみわけが出来るほど存在感があります。
今ではビジネスやアウトドアのシーンで良く見かけますが、僕たちの解釈では革に良くあう素材と言う認識でもあります。繊細であり無骨でもあるその様は革との相性が素晴らしく合わす革や色によりメンズ・レディース問わず使え大人の品格と高品質な機能性を兼ねそろた特別な存在になるのではないでしょうか。

実は革工場を運営していると使うシチュエーションが限られてるナイロン生地との出会いは少なく、今回は知り合いの鞄職人さんに相談をしました。その結果バリスティックナイロンを使う事が可能になり実現した企画です。もちろん存在自体は知っていたバリスティックナイロンですが、どうも革が好きなわたしたちは骨太な素材を選びたがるわけで、鞄工場にあった生地見本と詳しい説明を聞いてさらに魅力を感じずにいられなくなり即決定しました。正直なところどこで仕入れるか詳しいコストなどすべてがわからない状態でしたが、鞄職人さんに無理を言って協力をしてもらいバリスティックナイロンを数メーター提供していただく話となり、初回アイテムとしてペンケースを作る事が出来ました。

巾着袋を採用する意味

こちらもVINCENT CRAFTEDのDNAを受け継ぎ、革小物=化粧箱と言う概念を振り払い、UBRIでも巾着袋を採用しています。見栄えも良くプレゼントにも最適な化粧箱ですが保護の観点と開ける時の高揚感以外はほとんど使い道がありません。しかも、化粧箱はコストも高く保管にも場所を取ってしまいます。基本的にそのコストは商品代金に含まれます。むしろ以前はそうしてました。例えば3000円の売価が化粧箱に入れるだけで3800円になるイメージです。それでは本末転倒であると考えすべての商品の包装は巾着袋に変更しました。巾着袋にする事で小物入れや旅行の際の便利袋として2次使用していただけます。

YKKファスナーは日本の誇り

こちらもVINCENT CRAFTEDのDNAを受け継ぎジップはすべてYKKファスナーを使用。言わずと知れたファスナー界のキングです。スライド時のスムーズ感、金属の発色・質の良さ、布地部分の耐久性すべて最高峰。YKKは理念上、独自の技術を特許でしっかりと守っています。材料・製品だけでなくそれらを作る製造機械をも自社で製造にこだわり一貫生産という強みは他には真似できない品質の高さを保つ秘訣でもあります。また失敗覚悟で新製品の開発に挑戦し続けるなど、改善し続けるという風土がしっかりと根付いています。そういった姿勢がファスナー製造にひたすら集中し深掘りしてきた賜物です。YKKファスナーは日本が誇る名産品の一つです。

この記事を書いた人

J

J

Buyer / Blogger

1982.OSAKA さそり座のAB型
&LOG運営:J(ジェイ)
趣味散漫、日々散財。シンプリストの逆側の人間。
のんびりと古民家で暮らしています。

大阪堀江のとあるセレクトショップのバイヤー、WEBショップのディレクターを経て独立。
現在はレザーブランドを立ち上げ自身のWEBショップを運営中。その一方、ファッションを中心に様々な知見のもとオウドメディアなどWEB媒体でのディレクション・マーケティングを手掛ける。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です